乳酸菌って何?

乳酸菌の種類について

乳酸菌には、どのような種類があるのでしょうか?ここでは、乳酸菌の種類について触れてみたいと思います。

ビフィズス菌

乳酸菌の代表といえば、ビフィズス菌。糖を分解し、乳酸、酢酸、ギ酸などを産生し、大腸菌や他の病原性腸内細菌は増殖しにくい環境を作ります。

ヤクルト菌

ヤクルト菌というのはラクトバチルス カゼイ シロタ株のことです。しっかり腸まで届き、もともとは胃液や胆汁などにやられない乳酸桿菌を人間の腸内から選びだし、強化培養したものだそうです。

KW乳酸菌

KW乳酸菌はキリングループが研究をしている乳酸菌で、アレルギーや花粉症など免疫異常の病気の緩和などに利用されることが増えそうですね。

LG21

ピロリ菌に対して効果のある乳酸菌として有名です。

 L29乳酸菌

生きて腸まで届く、強い乳酸菌です。

L-92乳酸菌

L-92乳酸菌は、アレルギー症状に効く乳酸菌だそうですよ。

有胞子乳酸菌

有胞子乳酸菌は熱などにも、酸などにも強く、生きたまま腸まで届き腸内で定着する性質があるそうです。そして定着した腸には、他の善玉菌も済みやすくなるそうで、ベースとして摂取しておくとよいかもしれませんね。

EF乳酸菌

EF乳酸菌(エンテ・コッカス・フェカリス菌)は白血球を強める乳酸菌として知られています。免疫力を高め、生活習慣病にも良いそうですよ。

ETF-2001

ETF-2001は、免疫力を活性化する効果の高い乳酸菌と言われ、感染症やがん治療に効果があるのではと研究されているそうです。

クレモリス菌

カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌で、整腸作用やストレスなどによる肌荒れ、アトピー性皮膚炎の緩和、免疫力の向上、血液中のコレストロール値や血糖値の改善といった効果が期待できます。

ラブレ菌

腸内で作り出した有機酸のおかげで、腸内で悪玉菌が増殖できないようにする効果や、腸内での栄養の消化吸収力が高まり、腸内環境を改善する働き、また肝臓の解毒作用を高めるお手伝いをしたり、免疫力を活性化させる働きもあるといわれています。また、血中のコレステロール値を抑制する働きまであるそうですよ。

植物性乳酸菌

善玉菌のビフイズス菌を増やすことで、大腸菌などの悪玉菌の働きを抑制、腸内環境が改善して腸の機能がよくなり、消化吸収が促進されて便秘や下痢を改善、予防してくれます。

乳酸菌サプリ

カスピ海ヨーグルト サプリ

 

*こちらの情報などは、医療機関や医者の指導を受けた効果効能を表すものではありませんので、ご了承ください。

 

新着一覧

Copyright(c) 2013 乳酸菌って何? All Rights Reserved.